天野副院長の頚椎症治療日記:頚椎ヘルニアによる握力低下患者様の症例

2019-02-12

今日の担当は、練馬区石神井町3丁目西武池袋線石神井公園駅下車徒歩3分圏内にあります、こまつ鍼灸院スタッフ副院長の天野英光です。

今日は頚椎ヘルニアが原因で、握力が急激に低下してしまった職人、和食の料理人が9回の治療で、痛み、痺れ、握力低下が大幅に改善された治療経過をブログいたします。

①性別 男性

②年齢 40代

③住所 群馬県

④職業 料理人

⑤診断名 頚椎ヘルニア

⑥症状
痛み、凝り感、痺れ感など頚椎症の症状は、数年前から発症していたが、3週間前より、急激に悪化し整形外科に受診する。レントゲン検査、MRI検査をして頚椎ヘルニアと診断され、理学療法、薬物療法を受けましたが疼痛やまず、握力が低下した為に、包丁が握れなくなり、仕事に支障が出始めた事で不安になり、インターネットで頚椎症について、対処法について、治療方法についてに情報を集めていたところ、頚椎症患者4000人以上の治療実績がある頚椎症専門鍼灸院であるこまつ鍼灸院のホームページにいきつき、ホームページ内容を読んでみて興味を抱き来院する。

⑦初診時の症状
1頚部の痛み
2右上肢の痛み
3肩甲間部の痛み
4右手握力の低下(右手16Kg 左手26Kg)
激しい痛みを堪えていたご様子で、うつむき加減の表情が印象的でした。

⑧初回の治療
1治療姿勢 側臥位

2小松式高麗手指鍼 頚部の相点に多鍼
膀胱勝方 胆勝方

3小松式複合治療 頚部 肩甲間部に置鍼、1ヘルツで通電
右上肢全体に置鍼、60ヘルツで通電

初回の治療後、すぐには治療効果が感じられなかったものの、自宅で出来るセルフケアーとしてお灸の据え方を説明して、毎日施灸してもらう事にしました。痛み痺れ握力低下の症状が著しかった為に、なるべく治療と治療の間隔を空けないで来院をすすめたところ、一日午前午後2回の治療を希望され予約して帰られました。

⑨9回目の治療終了後の状態
頚部痛、肩甲間部の痛みは消失、右上肢の痛みは消失したが、痺れが残っている。握力は右手16kg→24Kg 左手26kg→31kgまで改善。
初診時のうつむき加減のこわばった表情が和らぎ、優しい笑みがこぼれる所まで回復されました。

ご予約時間5分以上の遅刻など、一部例外を除いて頚椎症の治療は、原則小松院長が行います。

ページトップ