天野副院長の頚椎症

2018-05-27

今日の担当は、練馬区石神井町3丁目、西武池袋線石神井公園駅下車徒歩3分圏内にありますこまつ鍼灸院、スタッフ副院長の天野英光です。

現在こまつ鍼灸院は2週間先まで予約がうまっており予約受付出来ない状態です。大変ご迷惑をおかけ致します。

今日は頸椎症の患者さんの治療経過のプログを書きます。
①性別 女性

②年齢 50代

③住所 千葉県

④診断名 頸椎ヘルニア

⑤症状
1頚部痛
2右肩の疼痛
3右側上肢全体の疼痛
4肩甲間部の疼痛
5右手親指の痛みと痺れ

⑥治療経過
整形外科にてx線検査、MRI検査により頸椎ヘルニアと診断。
薬事療法を中心に鎮痛薬、ビタミン剤の他に漢方薬を処方される。
しかし、疼痛おさまらず、自宅近くの鍼灸院に数回通院する。
残念な事に、疼痛がおさまるどころか、日増しにひどくなり不安になり、インターネットで調べたところ、こまつ鍼灸院を知り来院する。

⑦初診時
驚いた事に、整形外科でも鍼灸院でも、上記にある2から5の症状が頚部が原因だと説明されましたが、なぜ頚部が悪くなると患部の頚部から離れた遠隔にある指先に痛みや痺れが現れるのかについての説明が無かったそうです。
こまつ鍼灸院では初診時患者さんの主訴を聞いたうえで、わかりやすく西洋医学的に解剖学生理学をベースにご説明し、さらに必要な場合は東洋医学的な解釈でも説明する事があります。
東西医学の両方の説明を懇切丁寧に対応致しておりますので安心して治療を受けてください。

⑧初回の治療
右側上肢を上に側臥位にて治療する。

小松式高麗手指鍼
頚部の相点、膀胱勝方、胆勝方

頚部肩甲患部置鍼して1ヘルツ通電
右上肢置鍼して60ヘルツ通電

最後に自宅で出来るセルフケアーとしてお灸の据え方を説明し、今後の治療計画を決めて治療を終えました。

⑨結語
整形外科では、高度検査方法であるX線やMRIで検査をします。特に生死に関わるような異常所見が無い場合は、経過観察の為に問診も詳しくやらない場合が多いです。
鍼灸院では、古典鍼灸をベースにしている鍼灸院では、陰陽、表裏、寒熱
虚実による八綱弁証による説明や五臓六府による臓腑概論による説明、脈診や腹診で説明される事があり、東洋医学に興味の無い患者さんにとっては、まるで外国語で説明を受けている感じがします。

現代鍼灸をベースにしている鍼灸院では、自律神経調節を説明、トリガーポイントや筋膜での説明を受けますが、医学用語を並べられただけで余程の健康オタクや治療マニア以外の患者さんには理解しがたいと思います。

こまつ鍼灸院では、子供にも伝わるわかりやすい説明を心がけています。常日頃からコミニケーション力を進化させ改善しております。
ですから、多くの患者さんに病院でも聞けなかったわかりやすく丁寧な説明を聞く事が出来たと大変高い評価を受け、支持を受けています。

ですから、
安心して治療を受けてください。スタッフ一同全力で患者さんの笑顔が戻るようにサポート致します。
ご予約のお電話お待ちしております。

※治療は原則院長のみが担当しています。

ページトップ