諏訪先生の頚椎症施術日記

2018-05-14

本日の担当は火曜日の午後のスタッフで、拝島駅北口の鍼灸院 鍼楽 院長の諏訪友一です。よろしくお願いします。

急に暑くなったGWが終わったら、また急に冷え込んで来たので急いで冬物を引っ張り出したのに、また急に暑くなって何を着れば良いのか迷いますよね。皆さんこんな時は体調管理に気をつけましょう。

こまつ鍼灸院は私がいる火曜日の午後だけでも、だいたい2名ぐらいは頚椎症の新患がみえられます。他で色々な治療を受けて効果が無かった方や、HPをしっかり見て初めての鍼治療にチャレンジしてみようと意を決して来院される患者さんがほとんどです。

こまつ鍼灸院では初診時に治療回数は1クール5回を目安として説明しております。鍼治療が初めての患者さんには最初は軽めの刺激からになりますが、ほとんどの患者さんは初回からその効果を感じられているようです。

先日いらっしゃった患者さんもずっと痛みが改善しなかったのに、こまつ鍼灸院に通院し始めてから痛みや不安を感じなくなってきたと言っていました。ただあまりにもずっと痛かったので、治ったと思って治療を終了してしまうと、また痛くなるのでは?って思うと治療を終了出来ないとも言っていました。これは皆さん悩むところだと思います。

鍼治療は薬などの対症療法とは違って、痛みを誤魔化すのではなく根本的な治療ですので、治療を終了しても(原因となった姿勢や仕事や趣味などを控えていれば)すぐに再発することは少ないので安心して下さい。

ちょっと話がそれますが、私も先日歯の詰物の中で炎症が起きたらしく、耐えきれないほどの激痛になり、こまつ鍼灸院を早退させて頂きました。久しぶりに激痛で何も出来ない状態で眠れないし食べれないしで大変でした。痛み止め薬と自分で手指鍼の治療しながら何とか歯医者の予約日まで我慢しました。この痛みがずっと続くのか…と思うとゾッとしました。

私の場合は歯でしたが、久しぶりに耐えきれない痛みで悩む患者さんの気持ちを体感しました。

ずっと痛いままの状態は辛いですよね。鍼治療ってなんだか怖いって迷っていると、どんどん先になってしまってその間ずっと辛いですよ。ほとんどの患者さんがもっと早く来れば良かったとおっしゃっています。

こまつ鍼灸院は頚椎症の症例数が約4000人を超えています。もしギネスブックに申請出来るとしたら間違いなく世界一でしょう。このノウハウが必ずお役にたてると思います。

現在こまつ鍼灸院では新患は2週間先ぐらいのご案内になってしまいます。悩んでいる前に1度相談されてみてはいかがですか?

※原則、治療はすべて院長が担当しています。

 

ページトップ