諏訪先生の頚椎症施術日記

2018-03-22

本日の担当は火曜日の午後のスタッフの諏訪です。よろしくお願いします。

肩凝りや首コリ・首が痛いとき(当然、頸椎症も含みます)の首の牽引は、そのほとんどが症状を悪化させることは意外と知られていないようです。こまつ鍼灸院には他の院(整形外科も含む)で牽引治療を受けて症状が悪化し来院される患者さんが多数います。詳しくはここで説明するよりも、こまつ鍼灸院のHPの「すべての頸椎症の方に知って頂きたい事」をじっくりと読んで頂ければと思いますが、今回はそこにないことを少し書きたいと思います。

私が今まで色んな治療院で働いていた時に、患者さんとの会話でよくあった話ですが、「交通事故に合って鞭打ちになってから、もう何年も牽引に通っていた」という話をよく聞きます。そこで私がその方に質問してみます。「鞭打ち症ってどうしてなるのかご存知ですか?」そうするとほぼ全員が「車で後ろから追突されて、首が鞭のようにしなって痛めることでしょ。」と答えます。(余談ですが、鞭打ち症の由来は色々有りますが前記の、首が鞭のようにしなるのと、その痛みが鞭で打たれたように痛いとか…)そこでまた質問します。「首が鞭のようになって引き伸ばされて痛めたんですよね?じゃあどうして引っ張る治療を受けてるの?」そうするとほぼ全員が牽引治療に意味がないことに気が付きます。

どうして牽引治療は悪化するのか?それは、牽引器は首というよりも顎に装具を取り付けます。結果的に顎が引き上げられる状態で(頸椎が伸展状態)引っ張られます。この状態が非常に上部の頸椎の靭帯に負担をかけます。そのうえに顎関節に負荷がかかり、顎関節の運動軸がズレていきます。顎関節と首の1番上の骨(環椎)は動きが連動しているので更に首に負担がかかります。そしてその環椎と腰の1番下の骨(L5)は動きが連動しているので腰にも負担がかかります。首を牽引した後に腰が痛くなることがあるのも、そういった背骨の動きの関連性から起こります。

もし仮に引っ張ることで椎間関節が引き伸ばされるとします。その時に伸ばされるのは正常な椎間関節であり、それが無意味に伸ばされることで不安定になった脊柱はバランスをとるために、動きが悪く硬くなっているところ、つまり痛めているところがより固くなってバランスをとります。ゆるくなった関節は動かないところがあるために、過剰に動くようになって炎症等が起こりやすくなります。

そのうえ、いわゆるストレートネックが進行します。ストレートネックは首だけの問題ではなく、首が真っ直ぐになることにより胸椎や腰椎も真っ直ぐになってしまい、ストレートフルスパイン(全脊柱真っ直ぐ)になっていきます。こうなってしまうと背中の痛みや疲れが抜けにくいといった様々な症状を引き起こします。

首の牽引百害あって一利なしです。今すぐ止めましょう。でもいまだになんで引っ張るんでしょうねぇ… 保険の点数とか、よくある昔からの伝統なんでしょうか…。よく訳も分からずに、昔からこうやっていたなどの根拠のない治療をする治療院もたくさん見てきました。そんな治療院は今すぐ変えましょう。

伝統だけに縛られない、最先端の情報と圧倒的な症例数とデータを基にした最先端の鍼灸治療が、皆さんをお待ちしております。

元気になったら何がしたいですか?スタッフ一同全力で応援します。

(施術は全て院長がしています。)

ページトップ