天野副院長の頚椎症の治療日記

2018-06-01

今日の担当は練馬区石神井町3丁目、西武池袋線石神井公園駅下車徒歩3分圏内にあります、こまつ鍼灸院スタッフ副院長天野英光です。

今日はこまつ鍼灸院で行う小松式高麗手指鍼と小松式複合治療についてプログいたします。こまつ鍼灸院は、完全予約制の鍼灸治療院です。
現在2週間先まで予約がうまっている状態です。
運動器疾患で通われている患者さんに対して、はじめの1クール5回の治療は治療間隔をあけないで通院してくださいと伝えながらも、現実予約を受け賜う事が出来まん。
緊急を要する患者さん、連続の治療を希望されている患者さんには大変ご迷惑をかけております。申し訳ございません。

完全予約治療の最大のメリットは、前日から来院される患者さんの準備が出来る事です。
こまつ鍼灸院に来院される患者さんの中には、海外から来られる患者さんもいらっしゃいますし、毎月定期的に沖縄県や、北海道、滋賀県、愛知県、山梨県、静岡県、神奈川県など遠方から来られる患者さんもいらっしゃいます。
全ての患者さんが他の治療では期待出来ない鍼灸治療効果を期待して来られています。
近隣遠方に関わらず最善の鍼灸治療が受けられるようにスタッフ一同全力でサポート致します。

『段取り八分』
『準備8割』
乱取りではなく、段取りとは元々は歌舞伎の構成、展開を表す言葉です。
現在では、様々な分野で物事を行う順序や手順の事を指す言葉としてよく使われています。その意味は、成功するかどうかの80%は準備で決まる事だそうです。

こまつ鍼灸院でも治療の準備は前日から、当日来られる患者さんのカルテ、針ケースを準備して一日のスケジュールを確認し、一日のながれをシュミレーションして最大の治療効果が現れるように準備してお待ちしております。
ですから、安心して治療を受けてください。

残念な事が二つあります。
一つは、万全な対応を心がけていますが、ミスする場合があります。
申し訳ありません。御考慮してください。

二つは、当日キャンセルされる患者さん、連絡なしでキャンセルされる患者さんがいます。

誤解が無いように、
こまつ鍼灸院では透析が必要な重病の患者さんもいらっしゃいますので、お身体の具合が悪い時はけっして無理して通院しなくて構いません。
具合の悪い時はご自宅で安静にしてください。
こまつ鍼灸院ではキャンセル料はいただいておりません。

しかし、
それ以外の理由でキャンセルされる患者で、特に無連絡で2回以上、当日治療予約時間後の私用な理由でのキャンセルが頻繁の患者には、大変申し訳ないのですが、現在治療を断っております。

初診時小松院長から説明がありますが、治療は二人三脚で初めて効果が期待出来ます。
術者だけが頑張っても、患者さんだけが頑張っても奇跡的な効果が現れる事はありません。治療の効果は受動的だけではなく能動的だからです。

最近定期的に頚椎症で通われている患者さんの治療をお断りしました。
理由は、度重なる予約時間後のキャンセル電話です。
早めの連絡であれば、キャンセル待ちの患者さんに、枠を与え治療する事が出来たのに、キャンセルの連絡があったのは治療予約時間後であったために、キャンセル待ちの患者さんの治療が出来ませんでした。

こまつ鍼灸院のキャンセルポルシーを伝えましたが伝わらず、
残念な事ですが、

『クソみたいな対応しやがって覚えていろ』

と激怒されてしまいました。

こまつ鍼灸院の真意が、頻繁に遅刻やキャンセルしてくださる患者に伝わらなかった事は、説明する側の力不足で悔しいですが、

それ以上に、
予約が埋まっている為に治療の予約を受け賜う事が出来ず、治療効果が期待出来る患者さんの予約をお断りしなければならない現実の方がはるかに辛いです。悔しいです。

こまつ鍼灸院の治療は、
常に高い水準で高い治療効果を出す為に、治療効果が落ちるような無理な御予約を受けて、コストパフォーマンスを落とすスケジュールの組み方は絶対にしません。
ですから、安心して鍼灸治療を受けてみてください。御予約お待ちしています。

※治療は原則院長が担当しています。
 ただし、遅刻された場合は副院長が担当させていただきます。
 ご予約をいただいていますお時間とは、院長が一心不乱に治療に専念させている時間です。
 遅刻により時間が短縮いたしますと、最高のパフォーマンスが発揮できません。
 また、キャンセルされますと他の患者様をお断りしてお時間を確保させていただいている枠が全く意味のないものになってしまいます。

そこのところを、なにとぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

こまつ鍼灸院
院長 小松隆央拝

 

ページトップ