Skip to content
頚椎症(頸椎症)治療、糖尿病、腎臓病なら東京都練馬区 石神井公園駅南口徒歩3分のこまつ鍼灸院で
東京都練馬区石神井町3-20-11 第二中内ビル2階
TEL・FAX:03-3904-4611

天野副院長の頚椎症治療日記: 遠方からの頚椎症患者様のお問い合わせから

今日の担当は東京都練馬区石神井町3丁目、西武池袋線石神井公園駅下車徒歩3分圏内にありますこまつ鍼灸院、スタッフ副院長の天野英光です。

頚椎症専門鍼灸治療院であるこまつ鍼灸院では、毎日全国から、治療のご予約、治療の問い合わせの電話がかかってきます。

こまつ鍼灸院は今月に入り予約が1週間先までほぼ埋まっており、新規の腎臓疾患の患者さん、頚椎症の患者さんのご予約を受け賜う事が困難な状況です。新規の患者さんの場合、初診としてお身体のお辛い症状を詳しく伺いその症状に対してどのようにこまつ式高麗手指鍼、またはこまつ式複合治療するか懇切丁寧な説明をします。患者さんがご納得された場合、治療に入る流れになっております。
初診日は最低でも90分以上の時間を必要とします。
現在この90分以上の時間がありません。腎臓疾患、頚椎症の患者さんには、たいへんご迷惑をお掛けしています。誠に申し訳ございません。そこで、現在、新規の患者さんの場合、初回の初診である有料相談と初回の治療を2回に分けてご予約を受け賜っております。

2回に分けてくださった場合、特典として2つあります。

一つ目は、比較的に早急に新規のご予約を受け賜う事が出来る事。

2つ目は、初回の治療費は5400円から半額の2700円で治療を受ける事が出来ます。

このような状況下の中で、関西地方から頚椎症に患ったAさんから治療の問い合わせがありました。
通常、こまつ鍼灸院では遠方から来院される患者さんの場合、院の近くに宿泊して、一日2回ないし3回の治療をしています。
運動器疾患の場合、治療効果の指標として1クール5回の治療としております。5回の治療で治る訳ではありませんが、1クール5回の治療で変化が無い場合は、基本的に治療は中止しています。7、8回目で改善しうる事もありますが、効果がないにも関わらずいたずらに治療回数を増やす卑劣な治療は行わない治療方針です。

頚椎症患者さん、Aさんの問い合わせ内容ををブログします。
頚部痛は無く、違和感があり、握力が低下した感じがあったために整形外科に受診して診察したところ、MRIとレントゲン検査をして、頚部にヘルニアがあると診断されたそうです。
現状では、強い痛みが無いが、将来的に頚部背部上肢に強い痛み、痺れが出現して、筋力が低下してきた場合は、ADL(日常生活動作)が制限される可能性がある事を説明されたそうです。

しかし興味深い事に、
診断はしてくださいましたが、肝心な治療は特に何もする事無く経過観察として湿布をくれただけだったそうです。

Aさんは不安になり、自宅で頚椎ヘルニアについて調べ、治療法も調べた時に、東京都練馬区にある頚椎症専門鍼灸治療院のこまつ鍼灸院のホームページに行き着いたそうです。こまつ鍼灸院のホームページには、頚椎症について精細で何よりもわかりやすく書いてあったために治療に興味を持ち連絡してくださいました。

Aさんの質問内容は
①遠方の為に何回も通院出来るかわからない、そのため数回程度の治療で
良くなるのか?

答え
こまつ鍼灸院の治療は1クール5回の治療です。開業して現在に至るまでに頚椎症の患者さんを4000人以上治療した実績があり、8割以上の患者さんに効果がありました。1クールの数回程度の治療で症状改善した患者さんも多くいらっしゃいますが、無い場合もあります。治療を一定回数やらなければ、治療効果があるかわかりません。

②そもそも鍼灸治療で頚椎症の進行を阻止出来るか?

答え
頚椎症と言っても、その病状の深さは単に肩こり症から難治性の脊髄症、後従靱帯骨化症に至るまで様々です。
単純な肩こりが原因の痛みであれば、1、2回の鍼灸治療で改善します。
難治性の脊髄症の場合でも、
三分の一は、症状改善されるもの。
三分の一は、定期的に治療が必要であるが、比較的に良好なもの。
三分の一は、治療効果が期待出来ないもの。
があるとして、こまつ式高麗手指鍼または、小松式複合治療を介入したほうが改善率は高いと説明しました。

③鍼灸治療が初めてで不安。治療は安全か?
答え
頚椎症に対して世の中には様々な対処、治療方法があるが髪の毛より細い鍼でお身体の最も辛い箇所に刺す鍼灸治療が一番安全ですと説明しました。

こまつ鍼灸院では、毎日全国から頚椎症の患者さんから治療についての問い合わせや治療の予約の問い合わせが頻繁に電話でかかってきます。基本的にこまつ式高麗手指鍼または、こまつ式複合治療についてはホームページに詳しく書いてありますので見ていただくようにしています。それだけでは不安な患者さんのためには、メールでの問い合わせでも対応しています。

どこで何をしても改善されない痛み、痺れその他の症状でお悩みの患者さん、こまつ式高麗手指鍼または、こまつ式複合治療を受けてください。
スタッフ一同患者さんの笑顔が戻るように全力でサポートいたします。

ご予約時間5分以上の遅刻など一部の例外を除き、頚椎症の患者さんの治療は原則小松院長が行います。

Scroll To Top