糖尿病の合併症は過去の数字が影響いたします

体調の異変を感じて病院に行き、血液検査して血糖値とグリコヘモグロビンA1cの高さに驚きます。そして、服薬(場合によってはインスリン)を始めます。そして、安定をするのですが、腎不全や糖尿病性網膜症はそのあとからやってきます。数年後です。高い数値が、様々な血管をむしばんでいるのです。

今ある数字だけを見て、決して安心はできない病気なのです。

現在の鍼灸治療で、糖尿病に良い結果は出ていますか?

現在、様々な情報を探す第1手段がインターネットになっています。糖尿病の改善を考えていらっしゃる貴方も当サイトにいらっしゃったのだと思います。今現在、鍼灸治療をされている方にお聞きいたします。

血糖値やグリコヘモグロビンA1cの改善は実感されているのでしょうか? 一般的な鍼灸治療では非常に難しい治療です。

2~3回の検査結果で明らかな効果が出ない場合には、治療はやめるべきです。

糖尿病の合併症治療ができるのは、世界中で当院だけです。

糖尿病には3大合併症があります。

1.糖尿病性神経障害

2.糖尿病性網膜症

3.糖尿病性腎症

この3があります。当院では、この3つの合併症の治療にも効果があります。(当然専門の病院との併用治療になります)

また、3の糖尿病性腎症の治療ができるのは、世界中でただ一つ私の小松式高麗手指鍼だけなのです。

お疑いでしたら、腎臓病のページをご覧ください。そして、インターネットで検索してください。結果は数分でお分かりになると思います。

腎臓病(腎炎・腎不全)治療の目次はこちらをクリックしてください。

糖尿病治療についての詳細はこちらをクリックしてください。

ご予約受付時間  9時30分~13時まで 15時~20時30分まで

(13時~15時までは留守番電話になっております)

03-3904-4611でご確認ください

詳細なご予約方法はこちらをクリックしてください。


ページトップ