慢性膵炎の鍼灸治療

食事療法を守りながら、治療を続けることにより、症状を緩和し、合併症の予防を図ります。

慢性膵炎で知っておくべきこと

・膵臓の間質組織の繊維化による膵液の分泌障害です。

・急性症からの移行や動脈硬化、胃・十二指腸潰瘍が影響します。

・間欠性または持続性の心窩部痛および左右の季肋部痛、不快な鈍痛があります。

・肩背部への放散痛、上腹部不快感・膨満感や便通異常、食欲不振などがあります。

慢性膵炎治療での注意すべきこと

食事療法、断酒、禁煙、が必要になります。難治性でなければ、とりあえず1年間は我慢してみましょう。

慢性膵炎の治療法

 小松式高麗手指鍼となります。

慢性膵炎の治療計画

症状が強い場合には、治療頻度を上げます(1周に3回前後)。落ち着いてきたら、暫時治療頻度を下げていき、最も適切な治療頻度を探していきます。

最終的には、1か月に1回程度の治療継続の必要はあります。

慢性膵炎の治療の料金

初診料 2.160円

施術代 5.400円

※ 表示価格は税込みです。電気治療器を併用いたしましても、料金は変わりません。

治療について、ご不明な点のご質問や、ご予約はこちらからどうぞ

お問い合わせから


ページトップ