慢性肝炎の鍼灸治療

私の小松式高麗手指鍼以外には、その有効性を聞いたことはありません。

慢性肝炎の治療で注意すべきこと

対象となるものは、あくまでも「慢性肝炎」であり、医科との併用治療のみお引き受けいたします。

目的は、肝硬変への移行阻止とします。

慢性肝炎の治療法

小松式高麗手指鍼となります。こちらをクリックしてください。

慢性肝炎の治療実績

肝臓の状態はGOTとGPTという数値で評価をいたします。

GOT・・・正常値5~35    GPT・・・正常値5~25

平成12年9月、癌が見つかったのに、肝炎であることもわかり緊急入院。治療を続けるも下記のような状態で数値は上昇をしていた。
平成12年9月21日・・・GOT230・GPT192

9月27日・・・GOT139・GPT110

9月30日・・・GOT175・GPT143

10月11日・・・GOT192・GPT160

10月18日・・・GOT230・GPT199

この時、2日だけ退院できるということで当院での治療を受けられました。


施術した翌日の数値です。

10月24日・・・GOT 81 GPT 53
そして手術をして入院中に・・・・GOT370・GPT276まで上昇

退院後治療・・・GOT 55  GPT 48
※Dr.は、こういう数字の変化の繰り返しでも注射が効いたと言ったそうです。 私は鍼によって薬の作用も引き出した、そう思っています。

 

慢性肝炎の治療計画

前述しました症例は非常に珍しい例と言えるでしょう。一般的には、3か月を1クールとして、その都度以下にて血液検査をされる必要があります。

慢性肝炎の治療の料金

初診料 2.160円

施術代 5.700円(使い捨て針使用のため)

※ 表示価格は税込みです。電気治療器を併用いたしましても、料金は変わりません。

治療について、ご不明な点のご質問や、ご予約はこちらからどうぞ

お問い合わせから


ページトップ