1.なぜ、お住いの近くに鍼灸院があるのに、ご来院の患者様の90%の方が片道1~2時間をかけて当院の治療を受けに来られるのでしょうか?

鍼灸師の腕は、ピンからキリまであります。内科でお薬を出すというのは、知識と経験から答えは出ます。しかし、鍼灸の技術は外科医のようなものです。症例数と、天性の資質が合致して初めて効果を上げることができるのです。また、鍼灸師の流派には様々なものがあります。得手不得手が必ず存在します。技術が高いだけでは治せない病気もたくさん存在します。時々、このようなご質問をお受けいたします。「近所で針をして効かなかったのだけど、そちらも変わらないのでは」・・・・・

100円の回転ずしと、一人前10万円のお寿司は、まったく同じ内容でしょうか?

技術も高く、不得手の少ない鍼灸流派は、世の中にそれほど多くはないと思います。

全国から来られる患者様のお声はこちらをクリックしてください。

2.なぜ、多くの現役の医師が当院の治療を受けに来られるのでしょうか?

平成25年現在、患者さんとして来院された医師は約20名ほどいらっしゃいます。また、私の鍼灸の「セミナー」に参加された医師は4名います。鍼灸には様々な流派が存在いたします。現代医学的なものをべースにしているものから、荒唐無稽な「気」だけを重視する自己満足流派も存在します。私の治療法は、高麗手指鍼という「気」「経絡」を重視する鍼灸術と、解剖学と生理学をベースとした鍼灸術を完全に融合させたものなのです。そして、多くの症例数から有効率を割り出しています。また、最新の治療機器も導入しています。これが東洋医学と現代医学を有機結合させた、「統合医療」なのです。ゆえに、現代医学の先端で活躍されている医師の方々にも支持されているのだと思います。

現役の医師からのセミナー推薦文はこちらをクリックしてください。

3.なぜ、多くの同業の鍼灸師が当院の治療を受けに来られるのでしょうか?

前述いたしましたが、鍼灸には様々な流派が存在します。そして、流派自体にも得意な病気、不得手な病気があります。運動器疾患が得意な流派や、自律神経失調症などの不定愁訴を得意としている流派など。しかし、約17万人いる鍼灸師でまともに病気を治せる鍼灸師は、この中の約1%程度なのです。さらに、この1%の中でも改善の難しい病気は存在します。「小松式高麗手指鍼」「小松式複合治療」は、その難しい病気に対応するために考えたものなのです。だからこそ、同業の鍼灸師が治療に受けに来られたり、同業のプロの鍼灸師が全国から私の講習会に参加され、技術を受け継いでいかれるのです。

最近鍼灸界ではやりの「不妊治療」や「美顔鍼」などは、鍼灸師にとっては大した技術は必要としません。本当に病気を改善できる鍼灸師はあまり取り扱わないことをご存知でしたか?

私のセミナーを受講された「プロの鍼灸師のお声」はこちらをクリックしてください。

4.なぜ、現役のプロスポーツ選手が当院の治療を受けに来られるのでしょうか?

当院には、プロ、アマ問わずスポーツ選手が来られます。現在、当院は鍼灸のみを扱っていますが、以前は接骨院業務もしていました。私は「柔道整復師」の資格も有しており、骨折、捻挫、脱臼、打撲なども毎日のように治療をしてきました。その経験が「小松式複合治療」を生み出すきっかけになりました。これにより、プロアマを問わずスポーツ選手にも対応できる治療技術が完成しました。

5.なぜ、6歳の小児から98歳の方まで同じ治療ができるのでしょうか?

私が今までに治療をさせていただいた、最小年齢の患者さんと最高齢の患者さんの年齢です。鍼灸治療は、まだご経験のない患者様には、「怖い」「痛い」というイメージが付きまといます。しかし、正しい鍼灸技術は副作用もなく、極めて安全なものなのです。

鍼灸は、歴史が違います。また、現在ではほとんどの先進国で「鍼灸治療」が取り入れられていることをご存知でしょうか?

6.なぜ、現代医学や他の治療法で効果が出なかった方が(難病・原因不明といわれる)改善することがあるのでしょうか?

難病や原因不明の病気をすべて治せるわけではありません。しかし、原因不明というのは、「現代の医学では原因を特定する能力をまだ持ち合わせない」というだけなのです。東洋医学では昔から、人の体を森にたとえます。病気はその中にある「病んでしまった木」です。現代医学は、時としてこの「病んだ木」しか診ません。病めば引き抜きます。そして、すべての木がなくなり、森は消えてしまいます。

東洋医学は、「病んだ木」と同時に「森」全体を診ます。そして「病んだ木」と「森」全体の治療を併せて行うのです。これにより、「病んだ木」はよみがえり、「森」自体の生命力は活性化し、他の病気の予防にもなるのです。

さらに、当院の特徴として「入江フィンガーテスト」があります。人体には微弱な電気が流れています。これを、生体電流と呼びます。そして、電気のあるところには、必ず「プラス」と「マイナス」の性質があります。そして、人体の異常部分には「マイナス」「プラス」の電子が多く集まります。このバランスを、私の指を使って読み取っていく診断法なのです。「高麗手指鍼と入江フィンガーテスト」を組み合わせた治療をしている者は、私と私の生徒、その他は数人しかいません。世界中でです。

難病患者様のお声はこちらをクリックしてください。

東京入江FT塾(塾長は医師)はこちらをクリックしてください。

7.なぜ、たった一人の鍼灸師が、頚椎症(頚椎症性神経根症・頚椎症性脊髄症・頚椎ヘルニア・後縦靭帯骨化症・むち打ち症・その他)の治療法を確立し、1300人以上の(平成25年現在)治療をし、90%以上の有効率を挙げられたのでしょうか?

初めて頚椎症の患者さんを担当したのが、平成8年に勤務していた整形外科でした。当時習い始めた高麗手指鍼を使ったところ、みるみるよくなられて、勤務先の院長も驚いていたのをよく覚えています。しかし、頚椎症の患者さんの数が増えるにしたがい、その有効率は下がってきました。高麗手指鍼だけでは、有効率50%がいいところでした。それでも、一般の鍼灸よりは高率なのですが。

通常鍼灸院では、まず治療自体ができません。腕のいい鍼灸師でも、激痛に苦しむ頚椎ヘルニアの患者さんには苦慮するはずです。

そこで、従来の鍼治療を徹底的に精査をし直し、解剖学と生理学、人体の骨格標本などを参考に治療法を考えました。これが、「小松式複合治療」なのです。現在では、さらに「微弱電流器・マイクロカレント」という器械も同時に使い有効率90%を上げることができました。頭の古い鍼灸師は、鍼灸と電気治療器を一緒に使うことには反対をします。

しかし、私の考え方は、全ては患者さんにとっての「コストパフォーマンス」なのです。決して、モルモットにしてはならない、より少ない回数で改善をする、より少ない費用で改善をする、より安全な方法で改善する、より確実な方法で改善をする。この答が、「小松式複合治療」なのです。現在この世にある治療法で、「小松式高麗手指鍼」と「低周波置鍼療法」と「関節矯正」と「テーピング」と「最新の電気治療器」を、無駄なく、有機的に結合した治療法が存在するでしょうか?

私の創始したこの治療法以外、存在しないのです。そして、この治療法を使えば、対応できない疾患は殆どありません。(生命の危機に瀕する外傷や重度の感染症等は当然例外とはなります)

※ご注意ください 一部「高麗手指鍼」を使う鍼灸院で、「頚椎症」や「頚椎ヘルニア」に有効であるかを謳っているところもありますが、私の生徒でない限り同じ「高麗手指鍼」でも「似て非なるものです」。私のテキストを転載しているだけと思います。真に「頚椎疾患」に高い効果を出しているのは「小松式複合治療」だけなのです。

全国から来られた「頚椎症・頚椎ヘルニア」患者様のお声は、こちらをクリックしてください。

「小松式高麗手指鍼」はこちらをクリックしてください。

「小松式複合治療」はこちらをクリックしてください。

8.なぜ、不治の病といわれる腎不全の治療が、世界中で唯一人(たぶん)、私にしかできないのでしょうか?

「慢性腎不全 鍼灸」と、ヤフーやグーグルで検索してみてください。私のこのサイトや、私の弟子以外にはあまり出てこないと思います。また、たまたま違うサイトがヒットしても、正確な効果は示していないはずです。100人の患者さんを治療して、何人の効果があったなどということは、だれでも言えます。せめて、改善患者さんのおひとりぐらいの検査結果を提示するべきではないでしょうか?

治ったといっているとしたら、たまたま他の要因で良くなったのか、ただ単に「うそ」をついているのです。

鍼灸の長き歴史(1000年とも2000年とも言われていますが)の中で、腎不全の鍼灸治療は無効でした。日本でも、中国でも。一般の医学でさえ無力であることは、透析に至った患者さんからお聞きになればだれにでもご理解いただけることです。

しかし、私は条件を満たしたうえで治療を受けていただいた場合、70%の有効率を達成いたしました。これは、全世界で、私にしかできないことなのです。そして、「腎不全」の鍼灸治療が有効であるということは、他の鍼灸治療で効果のある病気は、すべて私の技術で改善可能ということなのです。それほどに、難しい病気であり、ほぼすべての内臓疾患などの治療法ができなければ、達成は不可能です。

それを可能にしてくれたのが、「高麗手指鍼」であり、これを日本人の体質、病気、生活習慣、等を考慮し、様々な試行錯誤を繰り返しながら到達した答えが、「小松式高麗手指鍼」であり、「小松式複合治療」なのです。ただ単に、高麗手指鍼と言っているところでは、「腎不全」は、改善しません。絶対にです。

腎炎、腎不全患者様のお声と、治療実績はこちらをクリックしてください。

小松式高麗手指鍼はこちらでご説明しています。クリックしてください。

小松式複合治療はこちらでご説明しています。クリックしてください。

類似の治療方にご注意ください!


・細かいご予約方法を確認されたい方は、ここをクリックしてください。

・料金を確認されたい方はここをクリックしてください。

・当院までの交通機関を調べたい方はこちらをクリックしてください。

・ご予約等のご確認は

ご予約受付時間  9時30分~13時まで 15時~20時30分まで

日曜日・木曜日・祭日(土曜日を除く)は休診となっております

(13時~15時までは留守番電話になっております)

03-3904-4611でご確認ください


ページトップ