2.糖尿病の治療

糖尿病の鍼灸治療

Ⅰ型(インスリン依存型)・Ⅱ型(インスリン非依存型)ともに対象とします。

Ⅰ型・・・免疫異常  5%

Ⅱ型・・・生活習慣病 95%  患者約740万人  予備軍約880万人(2002年度)

 

糖尿病の病態

インスリン欠乏(感受性低下)、長期にわたる持続的高血糖状態

糖尿病の定義

空腹時血糖値

正常値 70 ~109 mg/dl 以下

グリコヘモグロビンA1c

正常値   4.3~5.8%以下(JDS値)

      6.0%以下 ・・・心疾患予防レベル

      6.5%以下・・・・眼科疾患予防レベル

 

2012年4月より、国際標準化を併記

JDS値で5.0~9.9%:NGSP値(国際標準化)(%)=JDS値(%)+0.4%

 

病院での糖尿病治療

生活管理(体重・食事カロリー・運動)

錠で効果がない場合→経口薬

・ファスティック錠もしくはスターシス錠およびグルコバイ錠

・グルファスト錠もしくはシュアポスト錠およびベイスン錠

・グルベス配合錠

・メトグルコ錠

・ジャヌビア錠もしくはグラクティブ錠

・エクア錠

・グリミクロンHA錠

・アマリール錠

・アクトス錠

・ナトリックス錠

・メトグルコ錠

・グリミクロンHA錠あるいはアマリール錠

・ネシーナ錠

・セイブル錠

・グリコラン錠

上記内服薬で効果が期待できない場合には、インスリン療法となる。

糖尿病の3大合併症

糖尿病性腎症(人工透析)・・・毎年13.000人の増加  透析理由最多

糖尿病性網膜症(失明) ・・・毎年3.000人以上   成人失明率1位

糖尿病性神経障害

他・・・・動脈硬化・・・・脳梗塞・脳出血・心筋梗塞・糖尿病性壊疽(切断)

眼科→レーザー凝固→硝子体手術

糖尿病に対する当院の治療法

小松式高麗手指鍼となります、こちらをクリックしてください

糖尿病に対する当院の治療実績(治療効果)

当院ではⅡ型糖尿病を対象としております。

ただし、一型糖尿病由来の糖尿病性腎症の治療は致しております。

 

血糖値

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖尿病治療の代表的な患者様の声

1名分

糖尿病の治療計画

当院ではⅡ型糖尿病を対象としております。

ただし、一型糖尿病由来の糖尿病性腎症の治療は致しております。

 

罹患歴、A1cの数値、合併症の有無等により、1週1回から3回までの間隔を取ります。

次いで、血液検査の結果をもとに(主に3か月に1回)、治療の頻度を落としていきます。

空腹時血糖値とA1cがともに正常値になった段階で当院の治療を離脱するか、1か月に1回程度の治療間隔にするかをご相談により決定いたします。

治療中、血糖値およびA1cが低下しても、自身の判断で服薬を中断したり、減薬したりしないでください。必ず、主治医とご相談のうえ決定してください。

糖尿病治療の料金は

初診料    2.160円(税込)

治療代1回  5.400円(税込)

すべての治療法を含んだ料金です。オプションとか、追加料金等は一切必要ありません。

糖尿病の治療について、ご不明な点のご質問や、ご予約はこちらから

お問い合わせから


ページトップ