頚椎症患者さんの治療は、最小限の肌の露出で最大限の治療効果が期待出来る患者着を使用していただきます。

今日の担当は頚椎症専門鍼灸院であります、こまつ鍼灸院スタッフ副院長の天野英光です。

鍼治療が初めてです。
どんな服装で行ったら良いですか?
着替えを持っていった方が良いですか?
治療を受ける時、服は全部脱がなければ治療出来ませんか?

今日は頚椎症の患者さんから電話予約された時に受けた質問についてブログ致します。

こまつ鍼灸院では、来院される患者さんが最大限の治療効果を高められるように、治療姿勢、鍼の太さ、鍼の長さ、刺鍼角度、刺鍼部位などの治療技術だけでなく、院内空調環境、音響環境、そして何よりも最小限の露出で最大限の治療効果がでる治療をするため患者着を用意しております。

患者着を着用する事によるメリットは、
1最小限の肌の露出ですむ事。
2スーツなどで来院された患者さんの場合、しわにならないですむ事。
3肌触りの良い患者着での治療はリラックスして受けれる事。

などがあげられます。

具体的には、
女性の頚椎症の患者さんの場合は患者着の上着に着替えていただきます。
シャツ、肌着は脱いでいただきますが、下着は着用のまま患者着を着ていただきます。

頚椎症の患者さんで、ワンピースで来院された場合は上下の患者着に着替えていただきます。。

腰痛症膝関節症の患者さんの場合は、短パンに履き替えていただきます。

初めてこまつ鍼灸院に来られて、初めて鍼治療を受ける患者さんにとって鍼治療はわからない事が多く、
1鍼治療は高くないか?
2鍼治療は痛くないか?
3鍼治療は本当に効くのか?
など様々な疑問と不安をもたれていると思います。

しかし、安心してください。

頚椎症専門鍼灸院であるこまつ鍼灸院は開業から現在に至るまで頚椎症の患者さんだけでも、4000人以上小松式高麗手指鍼及び小松式複合治療を行いました。しかも8割以上の頚椎症の患者さんに治療効果が認められ改善されました。この頚椎症の鍼灸治療による実績は国内トップクラスの集患数であり、改善率です。

ですから、安心して治療にいらしてください。
こまつ鍼灸院は、東京都の自粛要請施設には該当せず、社会生活を維持するうえで必要な医療施設として認められております。
コロナウィルス感染に対しましては、医療用マスクや使い捨てのベットシーツ、次亜塩素酸水やアルコール消毒液を用いて万全に対策をとって診療しています。
ご不安な方は、こまつ鍼灸院のホームページに掲載されている感染対策のページをご覧ください。

患者さんの笑顔が戻るように、スタッフ一同全力でサポート致します。
頚椎症患者さんの治療は、原則小松院長が行います。