頚椎症性筋委縮症の鍼灸治療

頚椎症性筋委縮症の完治に至った患者様のお声
1. 年齢、性別、職業、お名前(またはイニシャルか仮名)
62歳・男性・警備員・M.T
2. お住まいを教えてください
荒川区
3. 病名はなんでしょうか
頚椎症性筋萎縮症
4. 最初来られた時、どのような症状でしたか
左腕がまったく上がらない。
5. 何回目くらいの治療で、治療の効果を実感されましたか
8回目位から。
6. 現在のお体の具合はいかがですか
快調になりました。
7. 同じような病名、症状でお悩みの患者様に、アドバイスやメッセージ等何か一言いただけますでしょうか
ホームページで調べて祈る様な気持ちで連絡して、予約を入れました。当初余り期待はしていませんでしたが、何でもやってみようと思いました。何回かしてもらう内に結果が出て来ました。ポジティブな気持ちを持って向って下さい。必ず良くなります。
20140218_1_筋萎縮症 20140218_2_筋萎縮症_resize 20140218_3_筋萎縮症

平成26年2月現在、10名の患者様の治療をいたしました。当初から手術適応の方以外は、ほぼ80%の方が完治されています。

他流派の鍼灸治療はもとより、他の代替療法、現代医学でさえ手におえない「頚椎症」と言えますが、私の小松式複合治療であれば確実に効果を出すことができます。

頚椎症性筋萎縮症で知っておくべきこと

痛みや、しびれなどはあまりなく、上肢の筋力低下がみられます。

頚椎症性脊髄症と似たような症状を呈しますが、鑑別も困難なことがあり、町の整形外科等では誤審の確率が高いと思います。大学病院や、神経内科での確定診断をお勧めいたします。

頚椎症性筋萎縮症の注意すべきこと

全ての頚椎症の方に知っていただきたい事をご覧ください。

頚椎症性筋萎縮症の治療法

小松式複合治療になります。EMS治療器を使います。麻痺のある患者様の場合、定期的に握力を測っていきます

頚椎症性筋萎縮症の当院治療適応条件

基本的には、まず手術をお勧めいたします。ただし、手術を勧められない患者様もいらっしゃいます。手術をしても改善が見込めないと、医師から言われた場合です。そのような場合には、当院の治療法で少しでも筋力を上げ、早期社会復帰を目指します。

頚椎症性筋萎縮症の治療計画

10回を1クールとします。始めの1クールは間隔を詰めるほど効果は向上いたします。 この間、握力等の改善が見込めない場合には治療は中止いたします。

 

brn_side_contact

 


ページトップ