難病(特定疾患・原因不明疾患)の鍼灸治療

難病の定義

現在、難病と言われている病気はなく、一般的には下記のようなものが連想されています。

1.希少性・原因不明・予後不良→死を連想させるもの(不治の病)

2.ただし、その時代や、その国の社会事情により変化します
昔の日本→結核(罹患者は現在も比較的多い)や
ハンセン氏病(現代の日本では新規患者は、ほぼ存在しないし完治します)

次いで、政府による施策上の定義ができました。それが以下のものです。

1972年、難病対策要綱

1)原因不明、治療法未確立であり、かつ後遺症を残す恐れが少なくない疾病。

例)ベーチェット病・重症筋無力症・全身性エリトマトーデス・・・・・・

2)経過が慢性に亘り、単に経済的問題のみならず介護等に著しく人手を要するために家庭の負担が重く、また精神的にも負担の大きい疾病。
      
例)小児がん・小児慢性腎炎・ネフローゼ・小児ぜんそく
進行性筋ジストロフィー・腎不全(人工透析対象者)・・・・・

特定疾患・・・難治性疾患克服研究事業の対象疾患 121疾患
 うち45疾患が特定疾患治療研究事業の対象(医療費公費負担助成)


難病に対する院長(小松)の考え方

原因不明といわれる疾患は多数あります。しかし、正しい表現は「現代の医学では原因を特定できない」と言い換えるべきだと思います。
現時点で考えられる原因は2つあると思います。

1. 罹患臓器細胞のDNAレベルでの変異(異常)。

2. 脳に起因する変異(器質的なものではなく、脳波や脳内物質の問題)。

 

難病に対する当院の治療法

診断は、現代医学的な考察を基準として、入江フィンガーテストを使います。
・入江フィンガーテストとは、人体に流れる微小な電流(生体電流)を読み取り、その異常を私の手を通して判断していきます。電気の流れるところには必ずプラスとマイナスの電子が存在します。機能の異常亢進や痛みのところには、「マイナス電子」が多く集まり、機能の低下したところには「プラスの電子」が多く集まります。これを、読み取ることができるのが入江フィンガーテストなのです。

治療法は小松式高麗手指鍼か小松式複合治療

高麗手指鍼は、体のすべての臓器が手にあることを前提に「手」のみに施術をいたします。
それ故に、体表からは全くアプローチできない、器官や臓器にも「安全」に「確実に」働きかけることができるのです。

a33

たった1本の針を1ミリ刺しただけで、脳内の血流はこれだけ反応するのです。

腰痛の図

 

難病対する当院の治療実績(治療効果)


国指定難病130種のうち、当院の治療が有効であるもの

後縦靭帯骨化症
黄色靭帯骨化症
脊髄空洞症
慢性膵炎
潰瘍性大腸炎
クローン病
パーキンソン病
特発性ステロイド性骨壊死症
突発性難聴
lgA腎症
難治性ネフローゼ症候群
多発性嚢胞腎
シェーグレン症候群

特殊な疾患

1.肝臓がんのラジオ波焼灼法で内臓が熱傷で傷つき、激痛が数ヶ月間取れなかったものを5回の施術で完治。


2.原因不明の睾丸痛・・・なかなか人には言えない悩みだったと思います。定期的に睾丸が痛むということでご相談を受けました。小松式高麗手指鍼ならば、睾丸の痛みも手のひらのみで治療ができます。2階で完治されました。

難病の代表的な患者様のお声

1.原因不明(慢性疲労症候群?)の疾患に苦しまれた患者様のお声

1. 年齢、性別、職業、お名前(またはイニシャルか仮名)

 41歳・女性・主婦・國吉有子

2. お住まいを教えてください

 埼玉県新座市

3. 病名はなんでしょうか

 慢性疲労症候群、逆流性食道炎、萎縮性胃炎

4. 最初来られた時、どのような症状でしたか

 ほぼ寝たきり状態で体重も31kgしかなく、食事もおかゆと豆腐のみ、発作時には、呼吸困難、けいれんがひどかった。

5. 何回目くらいの治療で、治療の効果を実感されましたか

 1回目の治療を受けてから、発作時の呼吸困難が軽くなった。

6. 現在のお体の具合はいかがですか

 1人で階段を上がれるまで筋力がつき、体重も増えた。胃の方も白米が食べられるようになった。調子の良い時は200mくらい歩けるようになった。


7. 同じような病名、症状でお悩みの患者様に、アドバイスやメッセージ等何か一言いただけますでしょうか

 私は2008年6月に原因不明で倒れてからほぼ寝たきりになってしまい、全身の痛み、しびれ、呼吸困難、けいれん、胃腸障害、筋力低下等、様々な症状で苦しみました。医者を転々とし、慢性疲労症候群と診断されたのは2011年12月でした。しかしこの病気は原因も解っておらず、よって治療法も確立していない難病でした。いろいろな民間療法を調べては試しましたがなかなか回復はせず、精神的にも段々と追いつめられ、死を考えるようにもなっていました。

このままではいけないと、わらをもすがる想いで”難病治療”をキーワードにネット検索してみると、3つほど鍼灸院が見つかりました。電話をしてみると、私の症状を治すことは難しいと2つの鍼灸院に断られてしまいました。最後に祈る気持ちでかけたのが小松鍼灸院でした。電話に出た奥様が親切に症状を聞いてくれ、先生と相談してくれました。そして「一度いらしてみて下さい、きっと良くなると思いますよ」とおっしゃって下さいました。受け入れてもらえた喜びでホッとして涙がこみ上げてきたのを覚えています。

  寝たきりで排泄もままならない私が車で約1時間も移動することは本当に大変で人手もかかります。それでも、もうここしかないという気持ちで必死で向いました。初めてお会いした小松先生は、今にも死にそうな様相の私に、笑顔で力強く鍼の説明をしてくださり、真剣に向き合ってくださいました。「私は最後まで見捨てませんから、安心して下さい」とおっしゃって下さった時、私たち家族の心はどんなにか救われたことでしょう。本当に感謝しています。
 それからは週に3日、父と夫が交代で私を運んでくれ、母は毎回、付き添い排泄の世話をし、家族総出で先生の元に通いました。家では先生に教えられた通り、毎日お灸をしました。状態が悪化すると先生にお電話し、お灸の場所をきいていました。私の状態があまりにもひどくてキャンセルせざるを得ない時も、申し訳なく思っている私の気持ちを知ってか「ムリに来なくてもいいんだよ、ムリだったら気にせずキャンセルしていいんだよ」と言って下さり、心の焦りが溶けてゆきました。
 そして2012年8月頃から、体の具合が目に見えて良くなってきました。先生にアドバイスされていたリハビリを続けていたこともあって、家の中を歩ける程度にまで回復しました。

2013年4月現在は、1人で階段を昇れるようになり、母の介助なしでも通院できるようになりました(週2回です)。家では、先生にすすめられた八段錦(気功の一種)をやったり、足湯を毎日しています。
 私が小松先生に心から感謝しているのは、体を治療してくださったことはもちろんですが、精神的に安心感を与えてくださったことです。小松先生のおかげで、私たち家族は再び希望を持って生きることができました。先生の強い信念と使命感が私たちの心に響き、一丸となれたのだと思います。そして私も、ここしかないと一転集中にかけたこと、治るんだと信じたことが治療の効果をあげたのではないかと思います。
 私の主治医の先生は、慢性疲労症候群の患者さんに和温療法を行っていて成果を出しているのですが、私はその療法さえも受けることができないほどの重症でした。

そんな私でも危険性なく治療出来たのが、この高麗手指鍼です。寝たきりのひどい状態から、まだ少しですが歩けるまでになりました。ですから、私と同じ病気の方はもちろん、その他の疾患にも必ず良い影響が出るものと思っています。
私はこれからも治療していただきますが、更に回復していくことと、希望を持って通わせていただきます。 小松先生、スタッフの皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

———————————————————————–
ありがとうございました。

院長から

全ての寝たきりの患者さんが歩けるようになるわけではありませんが、とにかくよかったですね。ご自分一人で、電車で通われるにまでにはもう少し時間がかかりますが頑張ってください。そして、難病の治療には何よりもご家族の協力が必要になります。総力戦ゆえの勝利だと思います。

下の画像が直筆でいただいたものです。クリックしますと拡大いたします。

       1                       2

IMG_20130504_0002-1

      3                       4

         5

突発性難聴の患者様のお声

1. 年齢、性別、職業、お名前(またはイニシャルか仮名)

 35歳・女性・自営業・A.I

2. お住まいを教えてください

 東京都

3. 病名はなんでしょうか

 突発性難聴

4. 最初来られた時、どのような症状でしたか

 耳鳴り、右耳が聞こえない

5. 何回目くらいの治療で、治療の効果を実感されましたか

 初回から

6. 現在のお体の具合はいかがですか

 何の問題もありません


7. 同じような病名、症状でお悩みの患者様に、アドバイスやメッセージ等何か一言いただけますでしょうか

 コンサートに行き右耳が聞こえなくなり、24時間耳鳴りがする様になりました。2、3日すれば治まってくるだろうと思っていたのですが、全く治まらず耳鼻科で診てもらうと突発性難聴とのことでした。強めの薬の服用と、ステロイド注射も数回うってもらいましたが、毎回の聴力検査が正常に戻らず後は様子を見るしかないと言われ落ち込みました。耳鳴りで気分も悪くなりかなりのストレスでしたし、右耳が聴こえない事でめまい、転倒するようになり日常生活にも支障がでました。

 そこで治療法が他にもないのか調べたところ鍼が良いとわかり、鍼灸院の中でも小松鍼灸院は治療部分と手にも鍼をやるとても珍しい治療法であり、効果がとても良いとの口コミを聞いたので、早速行ってみることにしました。

 鍼が初めてだったので痛いかなと不安に思っていましたが、ほとんど痛みもなくこれで治るのかな?と思う程でした。しかし終わってみると耳鳴りがほぼなくなっていたのです。あんなに悩んだのにと思い静かなところで耳を澄ませても、やはり耳鳴りがほとんどなく、右耳に声が少し通るようになっていたのです。
 とても嬉しく涙がでました。

 2回目には耳鳴りがなくなり、3回目には右耳も正常に聞こえるようになりました。耳鼻科に聴力検査に行ったところ正常の状態に戻っていました。これには耳鼻科の先生、看護師さんがビックリしていました。
 病院では一生このままか、少しずつ聞こえるようになるかと言われていたので、本当に短期間で1回の効果も高く素晴らしい治療法だと改めて思いました。
 何より強い薬を服用するわけでもないのも私は助かります。

 私は大事をとってそこから3回ほど小松鍼灸院に通い、今では何の問題もなく過ごせています。

 小松先生の治療はただただ驚きと感謝でいっぱいです。
 本当にありがとうございました。

 それと小松先生を始めスタッフの皆さんはとても気さくで丁寧な対応をしてくださるところも魅力です。

下の画像が直筆でいただいたものです。クリックしますと拡大いたします。

             1

難聴体験談 001-2

            2

難聴体験談2 001-2

———————————————————————–
ありがとうございました。

院長から

何よりも、発症されてからすぐ来られたのが早い回復につながったと思います。

 IgA腎症の患者様のお声

腎臓病の治療実績と患者様のお声をご覧ください。こちらをクリックしてください。

院長から

現在、腎不全に対する確実に有効な治療法は、世界中で私の小松式高麗手指鍼だけです。

 難病の治療計画

基本的には、ケースバイケースです。
疾患によっては、数回で完治するものから、数年を要するものもあります。

有料相談(2.160円、治療の場合には初診料に充当いたします)も承っておりますので、ご不明な点はぜひとも、直接お尋ねください。

 難病治療の料金は

初診料    2.160円(税込)
治療代1回  5.400円(税込)

すべての治療法を含んだ料金です。オプションとか、追加料金等は一切必要ありません。
難病治療についてご不明な点のご質問や、ご予約はこちらからどうぞ

御電話は 03-3904-4611 

午前9時30分から午後1時 午後3時から午後8時まで

日曜日、祝祭日、木曜日は休診日の為つながりません。診療カレンダーでご確認ください。

メールでは、ご質問かご相談になります。ご予約は、お電話でお願いいたします。

お問い合わせはこちらをクリック。

 


ページトップ